婆さんの繰り言 ●管理者用
 



no.107 img top index img no.105


No.106 もう駄目だ!と思う事が人生何回か訪れる!
 
2007/03/20 (Tue)
しっかし、我が友逸見は強いね!
白血病になって、無事生還したと思ったら2〜3年で今度は骨髄異型成症候群で又々死に病だもんさ。
暮には「最後に一目、ハナに逢いたい」と涙声だったけれど、盛り返したね。
今、カテーテルから菌が入って感染症を併発、抗癌剤も使えなくなって臍帯血治療も(その為に入院したのに「痩せてから」とか言って体力落とされてる内に感染症で高熱を発して)ストップ。
でも、ケロっとしてる。

私も、昔親友?の葵に言われたっけ。
「あんた変わってる。あたしだったら自殺するね、今のあんたの立場だったらさ。なのにケロっとしてる」と。

ケロっとなんかしてないさ私だって。
でもさ、泣こうが喚こうが自殺しようが状態変わんないんだもんさ!
時間区切られちゃったら、そん中で戦うっきゃないじゃんさ。
何回も、何回も「死にたい!」って泣いたわよ私だって!
ほんと言えば、死にたい思いを塗りこめ塗りこめ生きてるさ。

でもね、もう決めたの。
体の寿命が尽きるか、役者としての寿命が尽きるか、どのみち終りは来る。
それまでは精限り根限り今を生きよう!って。

今ね、形見分けしてる。

安物だけど、本物では或る石のネックレスとか指輪とか全部上げちゃった。
死んで持ってけないし、私にしか値打ちの無い思い出だけ残して・・・。

うちの事務所に私よりか二つ下の男性居てね、彼も形見分けしてるんだって。
夜中に突然起きてね「あ!あれ誰さんに上げちゃお!」とかって思うのね。
で、高価な物でこそないけれど、ちっとは値打ちの有る物はもう何も無いのよ。

ラストの貴重品だった愛しのニャンコロメは先に逝っちゃったから・・・。
あんまし思い残しは無いね。

慌てて逝くつもりは無いけど、とっととおくたばりあそばしたいのも本音だわさ。
そこいら中ひとつっつ体壊れてくしね。
絶望はしてないけど、希望的観測もしかねるからさ。




p.ink