婆さんの繰り言 ●管理者用
 



no.110 img top index img no.108


No.109 我が友逸見、そのW
 
2007/04/16 (Mon)
「生きてるよ、まだ」と電話が有った。
抗癌剤がうまくいかないようで、一時退院になったとの事。
生活保護だからね、自分の望む治療に賭けてみる自由無いんだよね。
掛かれる病院決められててさ、誰に知恵貰っても紹介されても選べないの。

私も足手術した時、選択権無かったのよ。
でも、命には関わらなかったから諦めて腹括った。

しかし逸見は命に関わってる。


助けたいよね?
友達なんだよ!

死なせていいわけ無いじゃんさ。

癌系の病気ってさ、医者に見離されて勝手に助かりたい一心でジタバタした人達がケロっと快復して元気に働いてたりするのよ。
何人か知ってる!

他人の進める事全部やったから何が効いたのかわからないってみんな言ってる。
でも、他人に進められてもやっちゃいけないのが生活保護なの。
まず生活費にゆとりないしさ、切り詰めてお金作っても使い方の自由も無いのよ。
命に関わるのにね。

助けたいよぉー!

p.ink